RX100Ⅴユーザーの私がM7よりもM5を激推しする理由

RX100シリーズ

みなさん写真、撮ってますか。

私はサブ機(最近はほぼメイン機)としてソニーのコンデジRX100M5を3年ほど愛用中なのですが、短いスパンで新型が出まくっています。
ですが私は最新のRX100M7よりもRX100M5こそ至高と信じておりますので、そちらをみなさんにご紹介しましょう。

スポンサーリンク

RX100シリーズとは

1インチ高級コンパクトデジタルカメラ

いわゆる「高級コンデジ」というやつです。
実は昔からのCyber-shotのシリーズの一つのようです。
このRX100、YouTuberからブロガーまでネット界隈の人たちで持っていない人はいないんじゃないかというくらいに有名で、いろんな作例やレビューがあふれかえっています。

実際に使ってみると「簡単にそれなりの写真」が撮れますし、「追い込めば追い込むほど付いてくる」のがこのRX100です。
このように対象としているユーザー層が非常に多いので人気、かつバカ売れしているのです。

歴代モデル全て公式で併売中(2019年12月現在)

さらにすごいのが、2012年に発売された初代RX100から今年発売のRX100M7まで全てが併売されているということです。

商品一覧 | デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット | ソニー
ソニー デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショット 公式ウェブサイト。デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショットの商品一覧ページ。デジタルスチルカメラ Cyber-shot サイバーショットの全商品をご紹介いたします。

これは各RX100を使用目的と懐具合に合わせて買ってねということ。
つまり、過去商品は型落ちではなく、現行品であるというソニーの強い意図を感じます。

スポンサードリンク

RX100M5以前以後で設計思想が変わる

RX100M5までは「明るいレンズ」至上主義

RX100M5までは一番の売りは開放F値1.8というのが一番の売りでした。
いわゆる明るいレンズというものです。

F1.8だからこそ、RX100らしい写真が撮れる。

それがRX100のアンデンティティでした。

F1.8のレンズを積んだコンデジの最終到達点、それがRX100M5なのです。

RX100M6以降は「ソフト重視」の時代へ

それがRX100M6以降はF値を2.8に落とし、最大焦点距離を200mmとする設計変更をしています。

デジタルズームではなく、光学ズームなのでこんなに遠くをこんなにキレイに撮れるという新しいRX100時代の到来です。

私のRX100M6以降の印象は、誤解を恐れずに言うなら「F1.8の魂を売って大衆化したな」というものです。

結局は「それなりの望遠、それなりの明るさ」になったのですから。

しかし思想の変更はレンズだけではありません。
F1.8のレンズを失う代わりに、RX100M6以降はAFなどの撮影性能を強化しており、M7に至ってはソニーのフラッグシップ機α9と同じものを得ることができたのです。

ちなみに、RX100M5はマイナーチェンジをしておりまして、M6と同じ撮影性能を持つRX100M5Aが現行品となります。
もちろん、F値は1.8。
私の持つ無印M5は現行品ではありませんのであしからず。

ということで私の結論は

  • RX100M5(A)はレンズ性能(ハード)が素晴らしい
  • RX100M7は撮影性能(ソフト)が素晴らしい

というものです。

なぜRX100M5をおすすめするか

レンズの明るさ

繰り返しになしますが、F1.8のRX100の完成形はM5です。
これが私は最も重視しています。
レンズは明るければ明るいほど素晴らしい。

コンピュータまかせの暗所性能や解像度ではなく、本来のポテンシャルで「きれいな」写真が撮れるということに越したことはありません。

価格

過去モデルも現行品として売られているとしても、価格の下落は発生します。
以下は全て投稿時(2019年12月)の価格です。

RX100M7

ソニー公式では税抜145000円

Amazonでは税込139690円

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7
ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX100M7

RX100M5A(RX100M5のマイナーチェンジモデル)が

ソニー公式では税抜99819円

Amazonでは税込89260円

ソニー コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M5A
ソニー コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M5A

RX100M7は最新機種ということもあり、おおよそ14万円。
しかしM5は公式で10万円を切ってきますし、Amazonなら8万円台です。

個人的結論

これまでのことをまとめてみましょう。

ソフトである撮影性能
RX100M5<M7
でM7に軍配が上がりますが、

ハードであるレンズ性能(明るさ)は
RX100M5>M7
でM5の方が優位、

価格は言わずもがな
RX100M5>M7
で大幅な差があります。

簡単に言えば、「最新機種は撮影性能すさまじいけど、M5はレンズめっちゃ明るいし撮影性能は必要十分で何よりめっちゃ安いから持っていない人は今すぐ買い」ということです。

スポンサードリンク

おわりに

ここまで私の愛機RX100M5が如何に素晴らしいかを説いてきました。

でも、RX100M7もほしい。

だって撮影性能凄まじいんだもん。

ですが、それらを抑えてでも魅力的なレンズを持つのがRX100M5であります。

ちなみに細かい注意点としては、繰り返しになりますが買う場合はマイナーチェンジ後のRX100M5Aを買いましょうということです。

ソニー コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M5A
ソニー コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M5A

どのRX100を選ぼうと、カバンに入っていることを意識せず持ち運びできるカメラとしては最高峰のカメラです。
iPhoneでいいなんて言わずにとりあえず買ってみてください。
写真のある生活は世界が広がりますよ。

それでは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました