アラサー男子おすすめ!アトラクションだけじゃない、東京ディズニーランドの大人スポット3選

ディズニーリゾート

みなさん、ディズニーリゾートは好きですか。
私は大好きです。

最近はアトラクションメインではなくゆっくり楽しみたいな、という歳になってきました。
今回はそんな私アラサー男子からみなさんに捧ぐディズニーランドの大人スポットを3つご紹介します。

ぜひ、次のお休みはこの記事を見てディズニーシーに行ってみてください!

スポンサーリンク

①【森の仲間たちの演奏会でほっこり】カントリーベア・シアター

公式はこちら

【公式】カントリーベア・シアター|東京ディズニーランド|東京ディズニーリゾート
18頭のクマたちがユーモアたっぷりにカントリー&ウエスタンを大熱演する、アトラクション「カントリーベア・シアター」の紹介ページ。

場所はここ!

東京ディズニーリゾート公式・カントリーベア・シアター

ビックサンダーマウンテンへ行く途中にあります。
ターキーレッグを売っているお店の向かい、カレーのお店の隣にあります。

おすすめポイント

森の仲間たちが歌って踊ります。
正直、ここはメインで行くところではありません。
歩き疲れて、一旦休憩…というときに行く場所です。

かといって楽しくないかというとそうでもないんです。
楽しいというよりも優しいんです。
くまさんたちが楽器を弾いて知っている曲を歌ってくれるなんて最高じゃないですか。

今時の子供たちは、やれYouTubeだとか、やれ音楽アプリだとかエンターテイメントの洪水に飲まれていますので、こういったアトラクションでは琴線に触れないかも知れません。
だからこそ、一周回って私のようなアラサーぐらいになると染みてきます。

私の個人的な激推しポイントは最後の曲です。
最後の曲はCOME AGAINというカントリーベア・シアターのオリジナル曲です。

またいつか来てください
いつでも待ってるから
あまりおもてなしもできないけれど
またいつか会いましょう

エモすぎです。
切ない気持ちになります。

Apple Musicなどの音楽配信はおろかCDなどにもなっていない曲のはずですので、私はこの曲を聴くためにカントリーベアシアターに行っていると言っても過言ではありません。

あと、これは私からのお願いなのですが、普段はカントリーベアシアターはめちゃめちゃ空いています。
その客席の後ろでキャストさんがリズムに合わせて手拍子をしているんですが、ほかに手拍子をしている人はいません。
ゲストも含めてです。
なので、キャストさんの手拍子が悲しく響きます。
ぜひ、みなさんは大きく手拍子をしてあげてください。

お兄さんとの約束だぞ!

スポンサードリンク

②【カリブの海賊の中に私が!】ブルーバイユー・レストラン

公式はこちら

【公式】ブルーバイユー・レストラン|東京ディズニーランド|東京ディズニーリゾート
青い入り江に面しておしゃれなフレンチスタイルのクレオール料理が楽しめるレストラン「ブルーバイユー・レストラン」の紹介ページ。

場所はここ!

東京ディズニーリゾート公式・ブルーバイユー・レストラン

カリブの海賊に向かって右側の道を進みます。
すると左手にキャストの方が立っていますので、その方に案内してもらいましょう。

おすすめポイント

カリブの海賊のアトラクションの中にあるレストランです。
ここ最近はあらゆるところで紹介されていますので、ご存知の方も多いかと思います。

ですが意外と行ったことのある方は少ないかも知れません。
その大きな原因のひとつが予約システムのプライオリティ・シーリングを使わないと入れないと多くの人が思われているからです。

最近はレストランを予約しようとプライオリティ・シーリングのサイトを開いても、いつもどのレストランも満席です。
しかし、一部のレストランを除けば予約なしでも並ぶことで入ることができます。
それでも大行列になっていることもしばしばですが、レストランはアトラクションよりも時間による混雑の度合いが大きく変わってきます。
昼・夜のご飯の時間をずらせば思いのほか早く入ることができます。
パークを回っている合間に時折様子を見ると簡単に入れる場合もありますので、見てみてください。

さて、こちらのレストラン。
カリブの海賊のアトラクションに出発してゆく船を見送る場所にあります。
私たちは入り江のテラスで食事を楽しんでいるシュチュエーションですが、カリブの海賊に乗っている方からは酒盛りをしている海賊たちに見える、というアンジャッシュ状態のレストランなのです。

意外と味も本格的です。
いわゆる「遊園地のごはん」的なクオリティではなく、ちゃんとしたフレンチだなと思わせる食事です。
雰囲気も最高ですので、家族でも友達でもパートナーでも誰と来てもゆったりと楽しめます。

ここで有名なうんちくです。
ここのレストランは入り江の夜のシュチュエーションなのですが、レストランの外が昼だろうが朝だろうがここではいつも夜です。
ということでキャストの方はいつでも挨拶は「こんばんわ」と言ってくれます。
行った時には誰かにこれを披露して「知ってるよ」という顔をされてみてください。

③【普段は聞けないパークのいろんな話】東京ディズニーランド・ガイドツアー

公式はこちら

【公式】ようこそ!夢と魔法の王国へ|東京ディズニーランド|東京ディズニーリゾート
パークをめぐりながら演出のこだわりやテーマ性をより深くご紹介することで、あらためてその魅力を実感いただける「東京ディズニーランド・ガイドツアー」の紹介ページ。

場所はここ!

東京ディズニーリゾート公式・メインストリート・ハウス

入口からメインエントランスに入って、ワールドバザールのゲートに入らず左へ行きます。
パークに入って最初に見える建物の左側です。
その中にガイドツアーの受付ブースのひとつがあります。
わからなければキャストの方に聞いてみましょう。

おすすめポイント

「ブルーバイユー?いつも行ってるよ」
というディズニーフリークの方でも楽しめるのがこのガイドツアーです。

キャストの方と一緒にパークを半周〜1周しながらパーク内のいろんなことを案内していただけます。
「ここの設定はそうなっていたのか!」ですとか、「ここにはそんな意味が!」といったことを教えてもらえるので、次の日からディズニー仲間に教えて半歩先行きましょう。

つまり、ディズニー初心者から上級者まで楽しめるのがこのガイドツアーなのです。

しかもガイドツアーで回るコースはひとつではありません。
行くたびに違う情報を教えてくれるのがこのガイドツアーなのです。

ガイドツアーには料金がかかり、

  • 大人(中学生以上)  2,500円(税込)
  • 小人(4才~小学校6年生) 1,000円(税込)
  • 3才以下 無料

となっていて、おおむね1時間半のコースです。

お金がかかるから行ったことないという方もいらっしゃるかも知れません。
ですが、一度は体験した方がいいですよ。
なぜなら、あのホスピタリティあふれるキャストさんのガイドです。
キャストさんにパーク内を丁寧に教えていただけると、新しいことを知れたということだけでない多幸感に溢れます。

ディズニーに来て、もっとディープに知りたいというあなたに是非おすすめのプログラムです。

ちなみに、
「なんでここのキャストさんだけ馬に乗るみたいな格好しているんだろう…?」
と私が疑問に思って聞いてみると、
「いろんなエリアに行きますので、雰囲気を壊さないためですよ」
と言われました。
さすがです。

スポンサードリンク

おわりに

ディズニーランドは何度行ってもいいものですし、自分が大人になってゆくにつれて楽しみ方も変わってきます。

大人のディズニーの楽しみ方、見つけてみてください。

みなさんも、よい夢を。

それでは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました