モレスキンはオシャレ!でも、ガツガツ使うにはコストが…だったら「野帳」を使いこなせ!

文房具

みなさん、メモしてますか。

今ではスマホでメモを取ることが多くなりましたが、アイディア出しやとっさの時は紙とペンが重宝します。
みなさんも、ジャケットやカバンにノート・メモ帳を忍ばせていることでしょう。

さて、オシャレノートの定番といえばご存知モレスキンですが、私の提案は「野帳」。
これです。

スポンサーリンク

モレスキン地味に高いよね問題

みなさんの好きなノートといえば、モレスキンですよね

モレスキン ノート クラシック ハード 方眼 ラージ QP061 黒
モレスキン(Moleskine)
¥3,190(2020/07/12 00:51時点)
【サイズ】13×21cm

そりゃモレスキンをガシガシ使えたらいいのですが、なかなか使い捨てるにはもったいない感もあります。
使い捨てメモとしてよりも、後々まで見返すノート用といったイメージですね。

モレスキンのなにが良いかといえば、あの硬い表紙です。
あのおかげで場所を選ばず書けるのです。
立っても座っても。

できれば、

  • 使い捨て
  • 硬い表紙
  • リーズナブル

「こんなメモ帳があればなぁ」
そう思ったあなた。
あるんです。

スポンサードリンク

野帳のススメ

野帳って?

正式名帳は「測量野帳」といいます。
測量などのお仕事をされる方にはオーソドックスな商品です。

ラインナップ|測量野帳|商品情報|コクヨS&T

野外で測量して、書き込んで、といったハードな使用にも耐えるように作られたノートなので業務用でしか手に入らないのかと思いきや、意外や意外、そこらへんの文房具屋の片隅にそしらぬ顔で置いてあります。

気にしなければ気が付かないものです。

専門の職業の方がハードに使えるものですので、私たちが使いにくいはずがないのです。

表紙がハードカバー

立って書くことができるようになっていますので、もちろん表紙はハードカバーです。
これ、モレスキンよりも書きやすいんじゃないかってくらい優秀なカバーです。

質実剛健、という感じですね。

ノートが薄い

これもモレスキンよりも優位なポイントです。
薄いんです。
これならジャケットに忍ばせても形が見えにくいんですよ。

軽くて薄くて硬い。
人間なら最低のスペックですが、ノートなら最高です。
さっと出してすっと書ける。

最高です。

リーズナブル

一番のポイントはここです。

安いんですよ。

コクヨ ノート 測量野帳 スケッチ 白上質紙 40枚 セ-Y3
コクヨ(KOKUYO)
¥324(2020/07/12 00:50時点)
【寸法】 95×165×5mm

1冊ならば数百円してしまいますが、

コクヨ ノート メモ帳 測量野帳 10冊セット 40枚  セ-Y3 セ-Y3X10AM
コクヨ(KOKUYO)
¥1,459(2020/07/12 00:51時点)
165mm×95mm×6mm

10冊まとめ買いなら100円少々で買えます。

これならゴリゴリとメモ使い出来ますね。

スポンサードリンク

おわりに

簡単な紹介でしたが、モレスキンより優位性のあるノートは実は昔からある、ということのご紹介でした。

「求めていたものは、実は近くにあるんだ」という青い鳥のようなことは思いのほかたくさんあるものです。

そんなものをこれからもご紹介してゆきます。

みなさんも、よいメモライフを。
それでは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました