iPadのキーボードが勝手に大文字入力されるのを解除するために私がしたこと

iPad Tips

Smart Keyboard Folioを買って快適な文字入力ライフを送っていたのだけれど、英語入力時に文章全部もしくは文頭が大文字になってしまう現象にぶち当たってしまった。
思いのほか解除に手間取ってしまったので、備忘録として投稿しておきます。

スポンサーリンク

勝手に大文字現象

私は英語圏の人間ではないので、アルファベット入力の回数はそんなに多くない。
だからこそ、たまに入力する英語といえば小文字だけがほとんどだ。
なのに、勝手に大文字で入力されてしまうから、さあ困った。

勝手に大文字入力されてしまうパターンは

  • 文章全体が大文字になってしまうパターン 例)APPLE
  • 最初だけが大文字になってしまうパターン 例)Apple

の2つがある。

あなたのように悩める小羊にそれぞれの解決法を。

スポンサードリンク

あなたがお困りなのはどちらの大文字?

文章全体が大文字になる!

こちらにお悩みのあなたは幸運です。
なぜならボタン一つで解決するから。

iPadでは、CapsLockが使えるようになっています。
Smart Keyboard Folioでいうと、一番左下の、ロケットのような上矢印のようなボタン。
単なる上矢印はshiftキーですので間違えないようにしてください。

それを押すと、ほら!
小文字でアルファベットが入力できるようになりましたね!

文章全体の大文字はCapsLockを解除

わかりましたね?

最初の文字が大文字になる!

さて、ここでつまずく方も多い。

CapsLockくらい知ってるけど最初の文字が大文字になるのをなんとかしたいんだよ!
もしくは、
CapsLockを解除したのに今度は最初の文字が大文字になった!

という子羊の方。
絶望する必要はありません。
解決法をお教えいたしましょう。

まずは、設定>一般>キーボード の順に進み、

ハードウェアキーボードを選択します。

このとき、画像下にある「自動大文字入力」がありますが、ここをいじってもなにも変わりません。
これが大きなトラップです。
ここの自動大文字入力はソフトウェアキーボード、つまりiPadの画面上に出てくるキーボードにしか適用されません。

私もここで詰まりました。

さて、ここからハードウェアキーボードを選択すると、

ここにもありました、自動大文字入力。
ここをオフにすることによって、やっと外付けキーボードの大文字は解除されます。

階層が意外と深いので、割と悩むポイントです。

設定>一般>キーボード>ハードウェアキーボード>自動大文字入力

これで万事解決です。

スポンサードリンク

おわりに…

英語圏の方は自動大文字入力は便利なのかも知れませんが、我々はあまり必要ないですよね。
大文字入力したかったらshiftキー押しますしね。

というかソフトウェアキーボードとハードウェアキーボードの設定は一緒でもいいんじゃないかと思うんですが、細かい設定できることで恩恵を受ける人もいるかも知れませんしね。

ですが、こういうところも愛おしくなってしまうのは、もはや信者の証です。

それでは。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました