【格安SIM】手持ちの古いiPadにBIGLOBEモバイルのSIMを入れると手放せないタブレットに復活した【エンタメフリー・カウントフリー】

格安SIM

私は現在 iPad Proを使用していますが、これは3年間使用したiPad miniからの機種変更でした。
つまりiPad miniはSIMカードが無いがSIMロックされたタブレットとして手元に残ったのです。

これを動画視聴端末として再活用しようと思い、格安SIMを導入することにしたのですが、そこで選んだのはBIGLOBEモバイルでした。

今回はそれについてくわしく語ります。

スポンサーリンク

今回使用したiPad

ソフトバンク回線で3年間使用したiPad mini

当時、トクするサポートのような方式の端末の購入方法はありませんでした。

iPad等のタブレットはどうしてもスマホよりも価格が高くなりがちです。
それを緩和するために当時はスマホでは2年の割賦がスタンダードのところ、タブレットでは3年間の分割払い、割賦を適用していました。

現在は3年割賦ではなく、4年支払いで2年以降に機種変更を行えば下取りによって残債を帳消しにするシステム(ソフトバンクならトクするサポート)に変わっています。

ここで注意しなければならないのは、3年間割賦で払った私のタブレットは端末料金を払い切っていますので手元に残りますが、4年支払いの2年機種変更システムだと端末はキャリアに下取りという形で返さなくてはいけないということです。

これから、もしくは現在タブレットをお持ちの方は機種変更時に手元に端末が残るかどうかを考えておかなければならなりません。

私は前者の方式でiPad miniを購入していましたので、機種変更後も手元に端末が残りました。
なので格安SIMを活用することができました。

現在のiPad Proは後者の方式で購入していますので、2年ないし4年以内で機種変更する場合はキャリアに返されることとなります。

囲い込みですね。

まずはSIMロック解除

とりあえずは格安SIM(今回はBIGLOBEモバイル回線)を利用する場合には、SIMロックを解除しなければなりません。

実はこれは必ずではありません。
利用する格安SIMがどこの回線を使っているかによって変わる問題でもあります。

格安SIM、いわゆるMVNOは既存3大キャリアの回線を間借りして通信を行なっています。

私が元々使っていたキャリアはソフトバンクでしたので、ソフトバンク回線を使う格安SIM、例えばワイモバイルなどの格安SIMを利用する場合はSIMロックの解除は必要ありません。
なぜなら、どちらも実際に使う回線はソフトバンクで変わりないからです。

しかし今回はBIGLOBEモバイルを選択しました。
BIGLOBEモバイルはドコモ回線au回線となります。

ということで私の持っているiPad miniはSIMロック解除してBIGLOBEモバイルの導入に臨みました。

スポンサードリンク

BIGLOBEモバイルを選んだ理由

動画視聴をメインとするため

3大キャリアでは現在、YouTubeなどの視聴をデータ通信から除外するいわゆるカウントフリープランがあります。
3大キャリアだけでなく一部格安SIMでもこのカウントフリープランはあります。
カウントフリープランは現在総務省等から指摘されておりいつまで続くか正直わかりません。

ですがこの制度は非常においしいプランです。
特に格安SIMでのカウントフリーは非常に得なのです。

  • 格安SIMは基本利用料の安さ対通信ギガ単価での安さが魅力
  • 多くのデータ通信を使うのは主に動画視聴

つまり

  • 動画視聴メインならば基本料金を抑えて、オプションのカウントフリープランに加入

非常に安く運用できるというのは明らかです。

これはご自身が何をメインでデータ通信を行うかで格安SIMの通信会社の選び方は変わってきます。
SNS等がメインか、音楽等がメインか、それで選び方は変わってくるのですが、特にBIGLOBEモバイルは動画に強い印象を受けました。

私はiPad miniは動画視聴のみで使用しようと考えていましたので、ここで私の気持ちはBIGLOBEモバイルに決まりました。

BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプション(カウントフリー)

他社はYouTubeだけカウントフリーですとか、AbemaTVだけカウントフリーというところはあるのですが、BIGLOBEモバイルは動画サイト・アプリでは

  • YouTube
  • AbemaTV
  • U-NEXT

がエンタメフリーオプションとして通信カウントフリーとなっています。
これは他社よりも優位なポイントです。

エンタメフリーオプションの中では音楽アプリのカウントフリーもあります。
主要なものだと、

  • Google Play Music
  • YouTube Music
  • Apple Music
  • Spotify
  • AWA
  • Amazon Music
  • LINE MUSIC
  • radiko

などがあります。
音楽配信サブスプリクションに対応しているのは嬉しいですね。
特にradikoに対応しているということは、いつでもどこでもラジオ流しっぱなしにできます。
つまり、スマホ・タブレットを携帯ラジオにできるということです。

エンタメフリーオプションは電子書籍のアプリにも対応しており、

  • dマガジン
  • dブック
  • 楽天マガジン
  • 楽天Kobo

これらに対応しています。
dマガジン、楽天マガジンは雑誌サブスプリクションサービスです。

エンタメ無敵タブレットになる

もう、これは各サービスを利用している方や各サブスプリクションに加入している方はBIGLOBEモバイルとエンタメフリーオプションを利用することでエンタメ無敵タブレットになります。

対象サービスならどこでも

  • 動画見放題
  • 音楽聴き放題
  • 雑誌読み放題

ということになります。
もはや1日が24時間では足りません。

月額使用料金が特に安い(私の使い方なら)

現在、格安SIMを提供する通信会社は非常に多くあります。
それ故、自分に合った選び方は難しく複雑です。
選ぶ時にポイントとなるのは、自らが何を重視するかを明確に決めることです。

私が重視したのは、

  • タブレットで使用するのでデータSIM(音声通話可能なSIMでなくてよい)
  • 動画視聴に特化する

というものでした。
そこで私の重視した内容に合致して最も安い選択はBIGLOBEモバイルだったのです。

私の契約プランでの具体的な月々の料金は、

  • データ通信SIM 3ギガプラン:900円(税別)
  • エンタメフリーオプション(データSIM用):980円(税別)

で合計は

  • 月々1880円(税別)

となります。
初回だけ申込手数料とSIMカード準備料で合計3394円(税別)かかりますが、これはカウントフリーを勘案すると業界最安値レベルです。

そのようなことから、私はBIGLOBEモバイルを選びました。

実際使ってみてどうなの?

【満足ポイント】やはりエンタメフリーはすさまじい

私はYouTubePremiumというYouTubeのサブスプリクションに加入しています。
これは主に

  • 動画から広告をパスできる
  • YouTubeアプリを閉じても・画面ロックしても音声だけ聞ける

ものなのですが、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションと組み合わせるともう、YouTube垂れ流しで生活できるのです。
移動中でも、イヤホンを利用すれば画面ロックしてカバンに入れておくだけでずっと音声が楽しめます。

これは通勤通学等の移動中は無敵になります。
耳が暇しません。

もちろんradikoでラジオもデータ通信量気にせず聞くことができます。
もう、こうなったら耳が4つあっても足りません。

私はdマガジンにも加入していますので、移動中は

  • イヤホンで音楽・ラジオ等を聞きながら
  • 雑誌を読みまくる

ことがデータ通信気にせずできるのです。

これですよ。
未来の生活in2020ですよ。

いま、私はエンタメの海で溺れ死にそうです。

【不満ポイント】通信速度は必要最低限

さて、ここまで割と良い点ばかり挙げてきましたが、もちろん不満もあります。
それは格安SIMの宿命、通信速度です。

私はプランD、つまりドコモ回線を選択しているのでプラン等で変動はあるかも知れませんが、現在時点で私のiPad miniの計測値は

  • 朝昼晩の通信が混み合う時間はおおよそ2〜3Mbps
  • 回線に余裕のある時間でもおおよそ10Mbps弱

の通信速度となります。
一般的なネットサーフィンの場合は「まったり動くかな」程度ですしあまりストレスはありません。

ですが、動画視聴となると話は変わります。

YouTubeで言うと回線の調子が良い時

  • 720pの動画までがほぼストレスなく見れる
  • HD画質の1080pストレス無く見るのは結構難しい

回線が混み合う時

  • 240pや360pでしか見られない時もザラ

ここは不満点ですね。

そうは言っても時間帯によって通信速度が大きく変わるのは格安SIMの宿命ですので、致し方ないと私は納得しています。
安いには理由がある、ということですよね。

ですが

  • 大量の動画や写真を使用しないSNS・ネットサーフィン
  • 音楽・radiko・YouTubeの(バックグラウンドでの)音声のみのストリーミング

といったものはストレス無く使用できますので、必要十分と言えるでしょう。
なにより、これらのコンテンツがデータ通信のカウントフリーで利用できるのが何よりの強みであり幸せなのです。

iPhone(ソフトバンク回線)のデータ通信量に余裕ができた

私はスマホはiPhoneを使っていますが、そちらはソフトバンク回線のままです。
メインで使うiPhoneは、私はまだソフトバンク回線で運用したいですね。
一見、iPad miniへのBIGLOBEモバイルの導入は、ソフトバンク回線のiPhoneへメリットが無いように思えますがそうではありません。

エンタメ関連をBIGLOBEモバイルのiPad miniで見ることによって、iPhoneで見ていた動画等のデータ通信は浮くことになります。
これは非常に大きいです。

いままではデータ通信量が足りなくて都度お金を払ってチャージしてしまう(!)こともあったのですが、役割を分けることでそれが無くなりますし、いっそiPhoneのデータプランを安いものに変えても良いかも知れません。

自分なりの組み合わせを見つけることで、携帯料金はまだまだ安くできますね。

とうことで、私は現段階ではトータルでもBIGLOBEモバイルにして後悔はありません。

スポンサードリンク

さいごに

ということで私はBIGLOBEモバイル導入して大満足です。

  • iPad Proへの機種変更で遊んでいたiPad miniが
  • エンタメ専用機としてどこでもどれだけでも見られるようになり
  • メインのスマホ回線で動画を見なくなったので
  • メイン回線の通信量・通信料金も低く抑えられる

という結果になったからです。

私と同じような境遇の方は試してみる価値があると思います。

機種変更したことで寝かせてしまっている昔のスマホ・タブレットはまだまだ活躍できます。
工夫をしながらどんどん活用しましょう。

みなさんも、よいタブレットライフを。

それでは。

最後にちょっとここでお得情報

私のようにタブレットで動画をメインで見るとすると非常にオススメなBIGLOBEモバイルですが、お持ちの端末がスマホ等で音声通話も必要になりますと同じような構成でも

  • 音声通信SIM 3ギガプラン:1600円(税別)
  • エンタメフリーオプション(音声通話SIM用):480円(税別)

で合計は

  • 月々2080円(税別)
  • 利用開始時の初期費用(申込手数料・SIMカード準備料)3394円(税別)

となります。
ですがこれは基本の構成です。

下のバナーからBIGLOBEモバイルにご加入いただくと、音声通信SIM限定で1月29日までは

  • 初期費用が0円
  • 3ヶ月基本料金800円引き
  • 6ヶ月エンタメフリーオプション無料

でお楽しみいただけます。
これはすごいですよ。

なぜなら3ヶ月までは先ほどと同じプラン設定だと

  • 月々800円(税別)

で使えます。
それ以降、6ヶ月までは

  • 月々1600円(税別)

で使えます。

初期費用も無料ですので、スマホ・タブレットをお持ちの方はぜひ下のバナーからBIGLOBEモバイルのサイトを覗いてみてください。

こちらもオススメ

U-NEXTはエンタメフリー対象です!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました