Mac miniでiPadをメインディスプレイにする!iPadで MacOSを走らせるための試行錯誤といくつかの提案【LUNA DISPLAY・Sidecar】

Mac

みなさん、アップル製品使ってますか。
私はバリバリ使っています。

さて、iPadでMac OSが走ったらなあ、と考えるのは多くの人が憧れる夢の行為です。
今回、そのために私がいくつか試行錯誤して一つの成果を得ましたので、そのご報告を致します。

スポンサーリンク

iPad単独でMac OSを操作したい!

ディスプレイが付属しない、Mac mini

世の中には様々なMacのマシンがあります。
MacBookにiMacなど。
アップル製品のほとんどはディスプレイ・モニターがついた製品です。

しかし、付いていない製品が2つだけあります。
ご存知、Mac ProMac miniです。

付いていない目的はそれぞれ違います。
Mac Proはその名の通りプロユースですので、モニターが付いていないことが拡張性の一つであり、よりハイパフォーマンスなディスプレイをみなさんでお使いください、ということです。

翻ってMac miniは、コストパフォーマンスに優れた廉価品です。
モニターを付けていませんので、そのぶんお安く提供します、ということ。
iMacとの差額で、おのおのそれなりのディスプレイ買ってくださいな、ということです。

私が持っているのはMac miniです。
主にiPad・iPhoneの母艦として使用していて、モニターも他のものを流用できるので重宝しています。

しかし、こうもiPadをヘビーユースしていると、Mac miniを起動していちいちモニターの前まで行って使うのが億劫になってきます。
「あーあ、Mac miniもiPadで操作できないかな〜」
そう考えてしまうのは人情というものです。

単独利用は想定されていない「Sidecar」

去年、アップルから発表されてユーザーを歓喜させた機能はSidecarと呼ばれる機能です。
デスクトップ・ラップトップのMacのサブディスプレイとしてiPadを利用できるようになるというもの。

これ、さすが標準・公式のサポートなので、まあキビキビ動きます。
iPadのSmart Keyboard Folioもバリバリ使えますし。
控えめに言って最高です。

しかし、Sidecarはあくまでもサイドカーであり、メインカー(メインディスプレイ)としては使えないのです。
ここが重要です。
Sidecarを使うためには、メインディスプレイが必要なのです。

つまり、Mac miniで使うにはメインディスプレイが必要。
これでは私の理想とは違います。

スポンサードリンク

こうして私はMacをiPadで単独操作した

公式が推奨、「LUNA DISPLAY」でのメインディスプレイ化

さて、メーカー公式がMac miniのiPadメインディスプレイ化を推奨しているのがLUNA DISPLAYです。

iPadをセカンドディスプレイにする Luna Display ルナディスプレイ (USB-C) [並行輸入品]
Luna Display
¥6,380(2020/07/06 01:15時点)
ユニットタイプは、USB-CかMini DisplayPortから選べます。

LUNA DISPLAYはHDMI・USB−Cポートにドングルをさすことで仮想モニターとして認識させ、iPadを無線でモニター化するものです。
従来はこれらサードパーティー製のアプリ・ガジェットを利用してiPadをモニター化するしかありませんでした。
しかし、アップルがSidecarを標準化したため、これらサードパーティーは一気に立場を無くしてしまいました。

ですがまだLUNA DISPLAYにも光は残されています。
LUNA DISPLAYは物理的なドングルを利用しているので、メインモニターとしても使うことができるのです。
これは素晴らしい。

これは公式でもアナウンスされていたようで(現在はリンク切れ)、一部ファンが色めき立ちました。

良いじゃないですか。
私もやってみましょう。
ということで購入しました。

できた!けど、無線環境のせい?カクつきが気になる

この使い方は様々なところで語られています。

簡単に整理すると、

  1. LUNA DISPLAYを設定する(最初はモニターが必要)
  2. LUNA DISPLAYアプリをログイン項目に追加
  3. モニターのコネクタを抜く・再起動する
  4. 起動後はiPadのLUNA DISPLAYアプリからアクセスする
  5. あら不思議、iPadがメインモニターとして大活躍
  6. Success!!

ということです。

ですが。
私の無線環境が悪いのか、ワイヤレスだとどうしてもカクつきが出ます。
USB接続するとめちゃめちゃノンストレスで動きます。

Mac miniがiPadの近くにいつもある方は有線接続すればサクサク動いて良いでしょう。
または高速無線環境がある方はサクサク動くでしょう。
これでメインディスプレイ化のゴールです。

でも、標準のSidecarでは同じ無線環境だったのにキビキビ動くし、何故なんだろう…
と沼にはまってゆくのがガジェッターの常。

そこで私はひらめきました。

メイン:LUNA DISPLAY・サブ:Sidecar でミラーリングしてSidecarで操作すればいいじゃん!

この時は自分が天才かと思いました。

  • LUNA DISPLAY単独で動かせるが、動きがカクカク
  • Sidecar単独では動かせないが、動きがサクサク

じゃあ、両方合わせてしまえ!!と。

やり方はこうです。

  1. メインディスプレイをLUNA DISPLAYとして起動
  2. LUNA DISPLAY上でSidecarを起動
  3. Sidecarは設定でミラーリングにする
  4. iPadのみでサクサク動く
  5. Success!!

どうでしょう。
LUNA DISPLAYのミラーリングでSidecarを走らせるという入れ子構造にしてみました。
これは大成功。
サクサクサクサク動きます。

よかったよかった、大団円。
と思ったのも束の間。
急にカクつきます。
LUNA DISPLAY単体の時よりはサクサクなんですが…
本当に気持ちだけなんですよ。
気にならない方なら気にならないレベル。
でもじわじわストレスが溜まるレベルのカクつき。

必死になって調べてみました。
すると、わかりました。
iPadのLUNA DISPLAYをバックグラウンドにしていると自動でディスプレイ接続が切れてしまう模様。
SidecarからLUNA DISPLAYにアプリを切り替えてディスプレイを再接続、Sidecarに戻るとまた超サクサク。
でもまた時間が経つと微妙なカクカク。

結論としては、Sidecarの特性としてメインディスプレイの接続が切れると微妙なカクつきが発生するようです(これは物理モニターでも同じ挙動)。

一応はiPadのみでも動くようになっているのですが、「そう快適にはさせないぞ」というアップルの策略なんでしょうか。

私の導き出した結論

さて、これまでをまとめてみると。

  • SidecarのみでMac miniのメインディスプレイ化は不可能
  • LUNA DISPLAYのみでメインディスプレイ化は可能(無線カクカク・有線サクサク)
  • LUNA DISPLAY上でSidecarを走らせると少々快適(少々カクカク)
  • メインモニターがあって、Sidecarを正しく使うと無線もサクサク

なんとも悩ましい結果です。

さて、ここで私は新しく身も蓋もない提案をします。
メインモニターがあればSidecarがサクサク動くなら、メインモニターに5〜7インチくらいの小さいモニターを接続して、
メインの小さいモニター:サブ・Sidecar:メイン
のように使えばいいのでは?
と。

よくわかんないかも知れませんが、そういうことです。

Mac miniには

【全視野178°IPSモニター】Kuman 7インチHDMI モニター Raspberry Pi 用ディスプレイ ラズベリーパイ タッチスクリーン IPS高解像度 1024x600 タッチパネル ラズパイ 保護ケース・スタンド付き Raspberry Pi 3 2Model B+ A BB に適用
Kum
¥7,999(2020/07/06 01:15時点)
【IPS パネル178°広視野角】:Kuman7インチタッチスクリーンモニターはIPSパネルを採用して、鮮明で豊かな色彩と視覚体験を提供しております。画面の解像度は1024*600で、IPS 178°の広視野角により,よくクリアな高精細画質を表現することができます。

こういったラズベリーパイ用・車載用の小さいモニターを接続して、起動後はSidecarを利用してiPadをメイン使いにすればいいのでは、と。

そうすれば、メインモニター接続切れによるカクつきは解消されます。
まあ、iPadだけで完結させる!という目的はどこに行ったんだという感じですが。

スポンサードリンク

おわりに

ガジェッターは試行錯誤をしていると往々にしてこういうことがあるものです。
買っちまったLUNA DISPLAYだってどうするんだよ!
って感じです。

ですが、LUNA DISPLAYも有線接続する分には非常にサクサク動きますし、無線環境をゲーミングWi-Fiなどに変えれば改善の余地があるかも知れません。

試行錯誤、散財は続きます。
とりあえず、小さいモニター購入次第ご報告します。

こうして今日も明日も銭失い、頑張って行きます。

みなさんも、よいAppleライフを。
それでは。

こちらもオススメ

Apple Mac mini (3.0GHz 6コアIntel Core i5プロセッサ, 256GB)
Apple(アップル)
¥135,080(2020/07/06 01:15時点)
クアッドコアi3または6コアi5第8世代IntelCoreプロセッサ
Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 512GB) - シルバー (第2世代) とAppleCare+セット
Apple(アップル)
¥145,860(2020/07/06 01:15時点)
AppleCare+に加入すると、iPadとApple Pencilのテクニカルサポートと修理保証がAppleCare+の購入日から2年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につきiPadは4,400円(税込)、Apple Pencilは3,400円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。
iPadをセカンドディスプレイにする Luna Display ルナディスプレイ (USB-C) [並行輸入品]
Luna Display
¥6,380(2020/07/06 01:15時点)
ユニットタイプは、USB-CかMini DisplayPortから選べます。
【全視野178°IPSモニター】Kuman 7インチHDMI モニター Raspberry Pi 用ディスプレイ ラズベリーパイ タッチスクリーン IPS高解像度 1024x600 タッチパネル ラズパイ 保護ケース・スタンド付き Raspberry Pi 3 2Model B+ A BB に適用
Kum
¥7,999(2020/07/06 01:15時点)
【IPS パネル178°広視野角】:Kuman7インチタッチスクリーンモニターはIPSパネルを採用して、鮮明で豊かな色彩と視覚体験を提供しております。画面の解像度は1024*600で、IPS 178°の広視野角により,よくクリアな高精細画質を表現することができます。
スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました